おくむらさとしオリジナルグッズ 奥村哲史OSGSショップ

7月31日の物語@久しぶりでしたが跳ねジャコ&ジョーカールでツレマクリ~♪

「朝の景色」

一週間ほど夏休みを頂き、琵琶湖を離れていたので、

とっても不安な中でのスタートです。

季節感は進んでいるのか?

そこに焦点を絞っての展開ですね。

「変化なし」

ってことで、いきなり新しいことをするよりも、

これまで通りのことをしながら、その中での変化に注視ですね。

で、まずは、ドライブスティックのリフト&フォールから始めると・・・

 

 

アタリが続出ですね~♪

写真は2枚ですが、投げればアタル!って感じです。

これは、もしかすると、そんなに変化はしてないかも??

「ジョーカールでラッシュ」

というワケで、それなりにドキドキしながら、

これまたいつものジョーカールパターンにシフト!

そして、初ジョーカール体験となるAさんに、

リフト&フォール、フォール中のアタリの取り方等々をお伝えいていくと、

すぐさま!

 

 

 

Aさんにも船頭にもナイスフィッシュが連発ですぞ!

さらに!

 

 

Aさん、怒涛の連発!!5連発!!

全部、フォール中のバイトで、アワセ体勢がとっても大変なことに~w

にしても、もう背の低いカナダモエリアのバスがいなくなったかも?

なんて思っていましたが、全くそんなことはありませんでしたね。

水温がまだそこまで上がっていませんからね。

「跳ねジャコ反応良好」

で、続いては、跳ねジャコにチャレンジ!

晴天無風な感じなので、跳ねジャコは少し期待ですね。

狙いは、どんどん濃く背の高いカナダモエリアですが、

絨毯状になっているところよりも、凸凹となっているところですね。

すると・・・

 

キタヨーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

 

 

跳ねジャコでも連発ですわ~!Aさん~♪

やっぱり、跳ねジャコは、この天気ですからエエ感じに釣れますね。

で、

 

船頭には57cmのジャンボサイズが!!

Aさんの「撮りますよ」のお言葉に甘えてパチリと撮っていただきました。

跳ねジャコは、すでに夏の定番なので、語ることはありませんが、

今夏も、チャートテールが効果抜群ですよ。

「ジョーカールで59cm&58cm」

そして、ラストは、またまたのジョーカール!!

すでにアクションは完璧なAさんなので、

安心して見ていると・・・

 

キタヨーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

ドカーン!とデマシタ!59cmです~♪

この時期のバスの引きは、速く重いので、ヒヤヒヤでしたが、

無事にキャッチ成功でしたね。

そして、

 

船頭には58cmですわ~♪

また撮っていただきました。(感謝)

というワケで、カナダモの中を狙う、

なんとかショット等の釣り方しか釣れなくなっていたらどうしよう・・・

なんて心配は、どこかへ吹き飛びましたね。

まだまだ、クルーズバスがたくさんいますね。

 

切れて飛んでいったワームは湖底でゴミになりますので、

早期のワームチェンジや身切れしない対処をお願いいたします。

ボートに乗るときは「ライフジャケットの着用」、そして、

「キルスイッチの使用」を忘れないようにしてください。

他船の近くを通過するときには「距離」に注意してください。

操船で座っていると相手が遠くに感じてしまいます。

エリ等の漁具へのキャストはご遠慮願います。

他船の「引き波」に注意してください。

また、自分が出す「引き波」への配慮もお願いします。

「自船の安全」そして「他船への配慮」

この2つを意識して釣りを楽しんでくださいね。

カテゴリー: ご案内日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。